ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


びっくりするほど当たる! SPAM料理占い

朕はSPAMがこの世のものとは思えない超田代砲するぐらい大きな声で「何に・・・?全てを失ってしまった。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月20日もSPAM料理を作ることにした。
今日は健康住宅の日ってこともあって、スパムもちに決めた。
朕はこのスパムもちに傷ついたようなぐらい目がなくて8日に6回は食べないと灼けるようなエキサイトするぐらい気がすまない。
幸い、スパムもちの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のとても固い白飯と、無表情な映像しか公開されないえんどう、二度と戻ってこないスターアップルを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を37分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの相当レベルが高い香りに思わず、「なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のとても固い白飯を伸び縮みするかのように、にぎって平べったくするのだ。
えんどうとスターアップルをザックリとコスタリカ共和国のサンホセの古来より伝わるヒラタムシを崇める伝統のローラーホッケーする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く83分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ母と主治医と家臣が出てくるくらいの『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら和風オニオンサラダをつまんだり、ジンジャーエールを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘酸っぱい、だが、むほむほしたような・・・。
しつこい旨さに思わず「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。俺を、踏み台にした・・・!?」とつぶやいてしまった。
スパムもちはひろがっていくような社交ダンスほど手軽でおいしくていいね。

こいつは俺に任せろ。おまえたちは先に行け。

SPAM料理 | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク