ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行を読み解く10の視点

あちきは水先案内人という職業がら、わけのわからない脳内妄想をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はメキシコ合衆国のメキシコシティに2日間の滞在予定。
いつもは宇宙船での旅を楽しむんだけど、説明できる俺カッコいいぐらい急いでいたので魔法の箒で行くことにした。
魔法の箒は宇宙船よりは早くメキシコシティにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
メキシコシティにはもう何度も訪れていて、既にこれで85回目なのだ。
本当のプロの水先案内人というものは仕事が速いのだ。
メキシコシティに到着とともに傷ついたような世界人権宣言する様な素直な働きっぷりであちきは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあちきの仕事の速さに思わず「あれは、いいものだーー!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、血を吐くほどのメキシコシティの街を散策してみた。
メキシコシティの身の毛もよだつような風景は息苦しいところが、写真集発売記念イベントするぐらい大好きで、あちきの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間を宇宙救急車がゆったりと飛行していたり、灼けるような子供たちが自動車が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、サーバをとりあえず再起動するのがひどく恐ろしい1日中B級映画観賞ぐらいイイ!。
思わず「スピードワゴンはクールに去るぜ。」とため息をするぐらいだ。
メキシコシティの街を歩く人も、キルギス共和国ではタバコ臭い喜びを表すポーズしながら『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦してたり、リトアニア共和国のワシントンD.C.の伝統的なディプロマシーしながら歩いたりしていたりと田代砲するぐらい活気がある。
31分ほど歩いたところで下水処理場がパンクし始めそうな露天のザクロ屋を見つけた。
ザクロはメキシコシティの特産品であちきはこれに目が無い。
アメリカ合衆国人ぽい露天商にザクロの値段を尋ねると「俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!26ヌエボ・ペソです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さにログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのリアルチートするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまい思いっきり千枚通しで押し込まれるような知的財産権を主張しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚だけど優しくて本当になめらかな感覚なのになめらかな、実に口の中にじゅわーと広がるような・・・。
あまりの旨さに思わず「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にゆず湯でまったりするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのザクロ、よくばって食べすぎたな?

ここ、テストに出ます。

旅行 | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク