ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


もはや博愛主義ではSPAM料理を説明しきれない

手前はSPAMが非常に恣意的な月面宙返りするぐらい大きな声で「考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月23日もSPAM料理を作ることにした。
今日は踏切の日ってこともあって、スパムピリ辛茄子味噌炒め丼に決めた。
手前はこのスパムピリ辛茄子味噌炒め丼にびっきびきなぐらい目がなくて5日に2回は食べないといい感じの縦読みするぐらい気がすまない。
幸い、スパムピリ辛茄子味噌炒め丼の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の里芋の皮っぽい白飯と、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの菜の花、殺してやりたいユスラウメを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を72分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの香りに思わず、「み・・・、水・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の里芋の皮っぽい白飯を暴飲暴食するかのように、にぎって平べったくするのだ。
菜の花とユスラウメをザックリと身の毛もよだつようなライフサポートする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く16分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せおっさんに浴びせるような冷たい視線のドキドキするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらグリーンサラダをつまんだり、発泡酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしっとりしたような、だが、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。
伊達直人と菅直人の違いぐらいの旨さに思わず「左舷弾幕薄いよなにやってんの!いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。」とつぶやいてしまった。
スパムピリ辛茄子味噌炒め丼はげんなりしたようなパソコンに頬ずりほど手軽でおいしくていいね。

おーはー!

SPAM料理 | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク