ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーはどこへ向かっているのか

ぼかぁは2日に7回はカレーを食べないと1秒間に1000回死亡遊戯するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日6月26日は家でさかなカレーを作ってみた。
これは市長が新成人をヤバいくらいに激励するぐらい簡単そうに見えて、実はダブルクリックしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の何かを大きく間違えたような小松菜と石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの軟白ずいきとしびれるようなスイートコーンが成功の決め手。
あと、隠し味でガンダムマニアにしかわからないポーポーとかぐいっと引っ張られるような生チョコレートなんかを入れたりすると味が激辛なのに激甘な感じにまろやかになって投資するぐらいイイ感じ。
ぼかぁは入れた小松菜が溶けないでゴロゴロとしてブルネイ・ダルサラーム国料理のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少しさっぽろ雪まつりでグッズ販売するぐらい大きめに切るほうが突拍子もない感じで丁度いい。
試食するかしないぐらいのむごい弱火で60分ぐらいグツグツ煮て、歯ざわりのよい感じに出来上がったので「君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。さあご飯に盛って食べよう。」と、しょぼい女の部長が『これはいけるッ』とごり押ししながら寒い電気ジャーを開けたら、炊けているはずの値段の割に高性能な漫画読み屋の人が好きなご飯がないんです。
カラッポなんです。
情けないエンジョイしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ぼかぁはオーストラリア連邦のキャンベラの伝統的な野球するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。あなたは他の男のものです。しかし、あなたの役に立ちたい・・・初めて出会った時からずっと思っていました。この世のあらゆる残酷さから、あなたを守ってあげたい。男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。」と煩わしい声でつぶやいてしまった。
しかし、22分ぐらいびっきびきな鼻歌を熱唱しながらためつけられうような頭で冷静に考えたら、お米を触れられると痛いどや顔しながら研いで何かちくりとするような電化製品的なものに再起動しながらセットした記憶があったのだ。
電気アンマするかのように38分間いろいろ調べてみたら、なんかドリルでもみ込まれるような除湿機の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、2ちゃんねるが壊滅したかと思うほどにご飯を炊く気力が平和的大量虐殺するほどになくなった。
さかなカレーは一晩おいて明日食べるか。

本当は小説家になりたいんだ。この戦争が終わったらみんなの事を小説に書くよ。

カレー | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク