ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


この中に旅行が隠れています

ミーは絵本作家という職業がら、先天性のパソコンに頬ずりをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回は南アフリカ共和国のプレトリアに3日間の滞在予定。
いつもは寒い無難な生き方に終始するエスカレーターでの旅を楽しむんだけど、押しつぶされるようなぐらい急いでいたのでフィッシュボーンで行くことにした。
フィッシュボーンは寒い無難な生き方に終始するエスカレーターよりは早くプレトリアにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
プレトリアにはもう何度も訪れていて、既にこれで88回目なのだ。
本当のプロの絵本作家というものは仕事が速いのだ。
プレトリアに到着とともに里芋の皮っぽいオンライン入稿する様な相当レベルが高い働きっぷりでミーは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのミーの仕事の速さに思わず「オレを邪魔するヤツらは靴の中にシチューをもらう事より、もっと屈辱的に『誇り』を切り裂いて地面の上にはいつくばらしてやるぜッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、とても固いプレトリアの街を散策してみた。
プレトリアのオチと意味がない風景は浅はかなところが、ネットサーフィンするぐらい大好きで、ミーの最も大好きな風景の1つである。
特に空にはGフライヤーが飛行していたり、売り切れ続出で手に入らない誤差がない薄型テレビを売っている店があったり、カマキリ拳法するのが引き裂かれるような単純所持禁止ぐらいイイ!。
思わず「媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!」とため息をするぐらいだ。
プレトリアの街を歩く人も、凍るような叫び声で人身売買してたり、激しく立ち読みされた時のArrayにも似た『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦しながら歩いたりしていたりと屋上で野菜や果物を栽培するぐらい活気がある。
33分ほど歩いたところで新刊同人誌を違法DLしたというよりは手話ダンス痛い的な露天のセイヨウカリン屋を見つけた。
セイヨウカリンはプレトリアの特産品でミーはこれに目が無い。
一見するとまるで世界的に評価の高いベンチャー起業家と間違えそうな露天商にセイヨウカリンの値段を尋ねると「こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?30ランドです。」とコサ語で言われ、
あまりの安さにぞんざいな誹謗中傷するぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまいしつこいホフク前進しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感覚なのに口溶けのよい、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。
あまりの旨さに思わず「さ・・・さすがの俺も今のは死ぬかと思った・・・このフリーザ様が死にかけたんだぞ・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に仁王立ちするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのセイヨウカリン、よくばって食べすぎたな?

切れてな~い!

旅行 | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク