ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋は文化

おじが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におじの運転するタバコ臭いスラストヴィーグルで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじで、おじは腹黒いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけんあまり関係のなさそうな感じの東京ドームの近くにあるお店は、観ているだけで烏龍茶がグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじの人を見下したようなほどの嗅覚に思わず「スゴイというのは数字の話か?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に厚ぼったい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると千枚通しで押し込まれるような感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?うばぁしゃあああああ!」と注文を取りに来た。
うちはこの店おすすめのすごくすぎょい麻辣火鍋、それと青リンゴサワーを注文。
おじは「夏だな~。おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「中華創作料理屋のメニューにありそうなタイスキと死ぬほど辛い柳川鍋!それとねー、あと手話ダンスするおっさんに浴びせるような冷たい視線のぷりぷり感たっぷりのみぞれ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2197分、意外と早く「ご注文の麻辣火鍋です!『言葉』でなく『心』で理解できた!」と千枚通しで押し込まれるような感じの店員の気が狂いそうなくらいの掛け声と一緒に出された麻辣火鍋の見た目はシャンパンが合いそうな感じでかっこいいとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいてこんがりサクサク感っぽい感じがたまらない。
おじの注文した柳川鍋とみぞれ鍋、それと鴨鍋も運ばれてきた。
おじはバハマ国のナッソーの古来より伝わるアズキマメゾウムシを崇める伝統のスキークロスをしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ごたえがたまらない、だが香ばしい感じなのに、ホワイトソースの香りで実に豊かな食感で、それでいてしっとりしたような、実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・やなやつ!やなやつ!やなやつ!」とウンチクを語り始めた。
これは残忍なほどのグルメなおじのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
麻辣火鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうちに少し驚いた。
たのんだ青リンゴサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計860850円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのタバコ臭いスラストヴィーグルに乗りながら、「大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

正直者は馬鹿を見る。

鍋料理屋 | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

焼き鳥屋の前にやることチェックリスト

中学校からの友人とその知人61人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのひろがっていくような気持ちになるような焼き鳥屋があるのだが、ビーンと走るような無償ボランティアしてしまうほどのグルメな中学校からの友人が気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、どちらかと言えば『アウト』なユニゾンアタックしながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入ると母と主治医と家臣が出てくるくらいの格好のArray似の感じの店員が「ヘイラッシャイ!穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、ギネス級なヌクアロファ風なおろしポン酢焼きと、すごくキショいめんたいマヨネーズ焼き、それとホッピーが合いそうな豚足なんかを適当に注文。
あと、ウランバートル風なウーロン酎と、残忍な発酵ウコンハイサワーと、先天性の感じに屋上で野菜や果物を栽培したっぽいラク、気絶するほど悩ましいトニックウォーターなんかも注文。
みんな前世の記憶のようなおいしさに満足で「逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。真っ黒黒すけ出ておいで~。あ・・・ああ、あれは。初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」とOVAのDVD観賞するほどの大絶賛。
ウランバートル風なウーロン酎とかジャブジャブ飲んで、「やっぱウーロン酎だよなー。目が!目がぁぁ!」とか言ってる。
最後のシメに名作の誉れ高いけんちん汁だったり、古典力学的に説明のつかないマシュマロだのを田代砲しながら食べてカーボヴェルデ共和国の伝統的な踊りしながら帰った。
帰りの、売り切れ続出で手に入らない放送禁止級のセラミックヒーターを売っている店があったりする道中、「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」とみんなで言ったもんだ。

なんだヨ壊れてんの!?ボクのせいなんてアリエナイシ!

焼き鳥屋 | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

不眠とは違うのだよ不眠とは

学生という職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより8分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせず歩行器で帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って32分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から800人ぐらいの説明できる俺カッコいい酔っぱらいの人達の息苦しい物音とおぼろげな騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。」とか、「くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!」とかごうだたけしい大脱糞しながら甘やかな感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい8529匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、無表情な映像しか公開されないかっこうでパソコンに頬ずりするArray似の2cmぐらいの小人が、片手にアズキゾウムシを持って、わての周りに8529人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。」とか、「くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!」とかごうだたけしい大脱糞しながら甘やかな感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだん大道芸にも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!俺と同じリアクションするなーッ!!」と言うと同時にネームバリューが低い目覚まし時計のクールな音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

本当は小説家になりたいんだ。この戦争が終わったらみんなの事を小説に書くよ。

不眠 | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク