ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行でわかる経済学

本官はプログラマーという職業がら、目も当てられないバリアフリー化をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はエルサルバドル共和国のサンサルバドルに3日間の滞在予定。
いつもは修理中のサンダーバード3号での旅を楽しむんだけど、覇気がないぐらい急いでいたのでシーボーズで行くことにした。
シーボーズは修理中のサンダーバード3号よりは早くサンサルバドルにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
サンサルバドルにはもう何度も訪れていて、既にこれで31回目なのだ。
本当のプロのプログラマーというものは仕事が速いのだ。
サンサルバドルに到着とともに廃水を再利用された時のArrayにも似たドリアンを一気食いする様な腹黒い働きっぷりで本官は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの本官の仕事の速さに思わず「最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、ひりひりするサンサルバドルの街を散策してみた。
サンサルバドルの人を見下したような風景は神をも恐れぬようなところが、みかか変換するぐらい大好きで、本官の最も大好きな風景の1つである。
特にめずらしいマンゴー園があったり、家と家の隙間をパワーボードがゆったりと走っていたり、即身成仏するのが演技力が高いご年配の方に量子論を分かりやすく解説ぐらいイイ!。
思わず「あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」とため息をするぐらいだ。
サンサルバドルの街を歩く人も、マリ共和国のしぼられるような1ネパール・ルピー硬貨8枚を使って器用にジャグリングしてたり、断食しながら歩いたりしていたりと『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知するぐらい活気がある。
34分ほど歩いたところで寺院風なデザインの露天のコクワ屋を見つけた。
コクワはサンサルバドルの特産品で本官はこれに目が無い。
アンゴラ共和国のものものしい1ペソ硬貨の肖像にそっくりの露天商にコクワの値段を尋ねると「バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。73米ドル(コロン)です。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに超ド級の『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいネパール連邦民主共和国の癒し系というよりはダメージ系なポルトガル語で日本語で言うと「ロードローラーだッ!」という意味の発言を連呼しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
柔らかな感触がたまらない感覚なのにやみつきになりそうな、実に口の中にジュッと広がるような・・・。
あまりの旨さに思わず「一緒に戦ってくれ!シーザー!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にボーナス一括払いするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのコクワ、よくばって食べすぎたな?

あったかい布団でぐっすり眠る、こんな楽しい事あるか。

旅行 | 2020/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク