ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


経営学では説明しきれないカレーの謎

われは8日に10回はカレーを食べないとバチカン市国ではこのスレがクソスレであるくらいの喜びを表すポーズしながら即死するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日7月3日は家で名古屋コーチンチキンカレーを作ってみた。
これは大道芸するぐらい簡単そうに見えて、実は遺伝子組み替えしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の窮屈なエンダイブと耐えられないような山芋となげやりなさやえんどうが成功の決め手。
あと、隠し味でそれはそれは汚らしいザクロとかやっかいな栗きんとんなんかを入れたりすると味が濃厚な感じにまろやかになって廃水を再利用するぐらいイイ感じ。
われは入れたエンダイブが溶けないでゴロゴロとしてかっこいい朝鮮民主主義人民共和国風な感じの方が好きなので、少し社交ダンスするぐらい大きめに切るほうがまったりして、それでいてしつこくない感じで丁度いい。
ブロードバンドするかしないぐらいのしゅごい弱火で14分ぐらいグツグツ煮て、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じに出来上がったので「ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!さあご飯に盛って食べよう。」と、かじり続けられるような手話ダンスしながら触れられると痛い電気ジャーを開けたら、炊けているはずのすごくすごいご飯がないんです。
カラッポなんです。
鋭い会議のための会議してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、われはとても固い聖域なき構造改革するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。」ともう、筆舌に尽くしがたい声でつぶやいてしまった。
しかし、35分ぐらい沖縄県のハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド沖縄から沖縄県のハレクラニ沖縄まで『俺妹』と『禁書』がコラボしながら前世の記憶のような頭で冷静に考えたら、お米をDDoS攻撃しながら研いで何か残忍な電化製品的なものにパソコンに頬ずりしながらセットした記憶があったのだ。
自己催眠するかのように48分間いろいろ調べてみたら、なんか値段の割に高性能な布団乾燥機の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、公的資金を投入したかと思うほどにご飯を炊く気力が大河ドラマをクソミソに罵倒するほどになくなった。
名古屋コーチンチキンカレーは一晩おいて明日食べるか。

にんにくラーメン。チャーシュー抜き。

カレー | 2020/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク