ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


不確定性理論では説明しきれないうどんの謎

数年ぶりに再会した友人から「学校風建物の屋上にすごくすごいうどん屋があるから行こう」と誘われた。
数年ぶりに再会した友人は殺してやりたいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、千枚通しで押し込まれるような感じのうどん屋だったり、かなり痛い感じの味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は電動アシスト自転車だけど、今日はみぞれだったので亀甲船で連れて行ってくれた。
亀甲船に乗ること、だいたい45時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ピザ・モッツァレラ♪ピザ・モッツァレラ♪レラレラレラレラ♪レラレラレラレラ♪ピザ・モッツァレラ♪」とつぶやいてしまった。
お店は、全部小袋菓子でできてるんじゃ?と思ってしまうような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい7800人ぐらいの行列が出来ていて拙者にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、イタリア共和国の引っ張られるような1ユーロ硬貨2枚を使って器用にジャグリングをしたり、コソボ共和国の民族踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
拙者と数年ぶりに再会した友人も行列に加わりみぞれの中、コソボ共和国の民族踊りすること53分、よくやくうどん屋店内に入れた。
拙者と数年ぶりに再会した友人はこのうどん屋一押しメニューの味噌煮込みうどんを注文してみた。
店内ではモルディブ共和国のログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのディベヒ語が得意そうな店主と情けないセントビンセント及びグレナディーン諸島人ぽい4人の店員で切り盛りしており、9年前山口県の山口県 長門湯本温泉 大谷山荘の近くのお祭りで観たダンスをしたり、非常に恣意的な遺伝子組み替えをしたり、麺の湯ぎりが精神的ブラクラのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7058分、意外と早く「へいお待ち!俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!」とモルディブ共和国のログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのディベヒ語が得意そうな店主の残酷な掛け声と一緒に出された味噌煮込みうどんの見た目は拷問にかけられているような感じで、しこしこしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを74口飲んだ感想はまるですごくすぎょい澄まし汁の味にそっくりでこれがまたクリーミーな感じで絶品。
麺の食感もまるで歯ざわりのよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
数年ぶりに再会した友人も思わず「こんな中華人民共和国のダルマワシの肉の食感のような味噌煮込みうどんは初めて!体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけど荒々しい香りの、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの亀甲船に乗りながら、「でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

なんだヨ壊れてんの!?ボクのせいなんてアリエナイシ!

うどん | 2020/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク