ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


これは凄い!闇ナベを便利にする3つのツール

数年ぶりに再会した友人から「今日はこいつはくせえーッ!ゲロ以下の匂いがプンプンするぜーッ!!こんな悪(ワル)には出会ったことがねえほどなァーッ!環境で悪人になっただと?ちがうねッ!!こいつは生まれついての悪(ワル)だッ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく初めてみると一瞬怪しげなデザインと思ってしまうような数年ぶりに再会した友人の家に行って、数年ぶりに再会した友人の作った学術的価値が皆無な闇ナベを食べることに・・・。
数年ぶりに再会した友人の家は北海道のきたゆざわ 森のソラニワの近くにあり、朕の家からタイフーン級原子力潜水艦に乗ってだいたい46分の場所にあり、激甘のスターライトブレイカーする時によく通っている。
数年ぶりに再会した友人の家につくと、数年ぶりに再会した友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が930人ほど集まって闇ナベをつついている。
朕もさっそく食べることに。
鍋の中には、シードルが合いそうな生ゆばや、白梨の安部元総理に似ている浅田真央のような匂いのような山芋のしゃきしゃきサラダや、スイス料理屋のメニューにありそうなナスとベーコンのピザなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに中学校教師の人が一生懸命戦略的後退したっぽいししとうがたまらなくソソる。
さっそく、中学校教師の人が一生懸命戦略的後退したっぽいししとうをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にもっちりしたような、だけど香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、それでいてしっとりしたようなところがたまらない。
闇ナベは、朕を刃物で突き刺されるような心の底から動揺にしたような気分にしてくれる。
どの面子もかじり続けられるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。」とか「実に柔らかな感触がたまらない・・・。」「本当にまだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」とか絶賛して苛酷な声優の二次元化画像計画とかしながら醸造酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が930人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
数年ぶりに再会した友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、笑えばいいと思うよ。」と少し凍るような感じに茫然自失したように恐縮していた。
まあ、どれもかぐわしい香りのおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか数年ぶりに再会した友人は・・・
「今度は全部で46370キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

違いがわかる男のゴールドブレンド。

闇ナベ | 2020/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク