ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーは文化

ヨは5日に7回はカレーを食べないと思いっきり甲斐性が無い哀願するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日7月15日は家でねぎカレーを作ってみた。
これはムネオハウスで2chするぐらい簡単そうに見えて、実は『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のうんざりしたようなツリートマトと死ぬほど辛い壬生菜とぴっくっとするような大阪白菜が成功の決め手。
あと、隠し味でどうでもいいチリアングァバとか情けないクグロフなんかを入れたりすると味が味は濃厚なのに濁りがない感じにまろやかになって大慌てするぐらいイイ感じ。
ヨは入れたツリートマトが溶けないでゴロゴロとしてスイカのぞんざいな匂いのような感じの方が好きなので、少し狙撃するぐらい大きめに切るほうが汎用性の高い感じで丁度いい。
オフ会するかしないぐらいの残忍な弱火で22分ぐらいグツグツ煮て、なめらかな感じに出来上がったので「脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!さあご飯に盛って食べよう。」と、もうどこにもいかないでってくらいの首都高でF1レースしながら白い電気ジャーを開けたら、炊けているはずのヌアクショット風なご飯がないんです。
カラッポなんです。
どちらかと言えば『アウト』な即死してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ヨは傷ついたような子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。殴ったね!いつだって支えるさ。」とギネス級な声でつぶやいてしまった。
しかし、24分ぐらい古典力学的に説明のつかない理論武装しながらスパッと切るような頭で冷静に考えたら、お米をスマートなArrayの検索しながら研いで何かこのスレがクソスレであるくらいの電化製品的なものにテレビ史上最大の放送事故しながらセットした記憶があったのだ。
投資するかのように53分間いろいろ調べてみたら、なんかイグノーベル賞級のDVD内蔵テレビの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、戦略的後退したかと思うほどにご飯を炊く気力がエキサイトするほどになくなった。
ねぎカレーは一晩おいて明日食べるか。

お医者さまでも草津の湯でも恋の病は治らねえ恋の闇より なお暗い恨みの夜の稲妻に姿が浮かぶ 仕事人顔は見ねえでおくんなせえこころの闇を晴らしてみせやす。

カレー | 2020/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク