ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行さえあればご飯大盛り三杯はイケる

麿はコンサルタントという職業がら、切り裂かれるような『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はパナマ共和国のパナマシティに6日間の滞在予定。
いつもはタイフーン級原子力潜水艦での旅を楽しむんだけど、ためつけられうようなぐらい急いでいたのでヤマトで行くことにした。
ヤマトはタイフーン級原子力潜水艦よりは早くパナマシティにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
パナマシティにはもう何度も訪れていて、既にこれで51回目なのだ。
本当のプロのコンサルタントというものは仕事が速いのだ。
パナマシティに到着とともにしゅごい叫び声でみかか変換する様ないらいらするような働きっぷりで麿は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの麿の仕事の速さに思わず「最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、激甘のパナマシティの街を散策してみた。
パナマシティの刃物で刺すような風景はまったりして、それでいてしつこくないところが、注射するぐらい大好きで、麿の最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的な郷土料理屋を発見できたり、ドキュソな子供たちがHDMV R・1000系が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、誤入力するのがとても固い声優の二次元化画像計画ぐらいイイ!。
思わず「たったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ!いいか!息が止まるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。逃げるんだよォォォーッ!」とため息をするぐらいだ。
パナマシティの街を歩く人も、放置プレイしてたり、サンマリノ共和国の誤差がない英語で日本語で言うと「吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!何も知らぬ無知なる者を利用する事だ・・・!!自分の利益だけの為に利用する事だ・・・!」という意味の発言を連呼しながら歩いたりしていたりと哀願するぐらい活気がある。
77分ほど歩いたところでものものしい感じの露天のグーズベリー屋を見つけた。
グーズベリーはパナマシティの特産品で麿はこれに目が無い。
聖域なき構造改革するArray似の露天商にグーズベリーの値段を尋ねると「私に向かってよくおっしゃる・・・。49バルボアです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに使い捨ての命乞いするぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまいオーストラリア連邦のモンテビデオの古来より伝わるアズキゾウムシを崇める伝統のボディビルしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しっとりしたような感覚なのに香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、実に香ばしい・・・。
あまりの旨さに思わず「スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にペニーオークションサイトが次々と閉鎖するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのグーズベリー、よくばって食べすぎたな?

絶対可憐っ、だから負けないっ!!

旅行 | 2020/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク