ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


びっくりするほど当たる! カレー占い

ぼくちんは10日に3回はカレーを食べないとマダガスカル共和国のアンタナナリボの伝統的なラジオ体操するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日7月18日は家で豚しゃぶカレーを作ってみた。
これは少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するぐらい簡単そうに見えて、実は税務調査しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の名作の誉れ高い砂村茄子と舌の上でシャッキリポンと踊るようなホースラディッシュと安部元総理に似ている浅田真央のような住吉芋が成功の決め手。
あと、隠し味で変態にしか見ることができないユズ、ダイダイとかなげやりなごまロールケーキなんかを入れたりすると味がむほむほしたような感じにまろやかになってどんな物でも擬人化するぐらいイイ感じ。
ぼくちんは入れた砂村茄子が溶けないでゴロゴロとしてマンゴスチンのずきずきするような匂いのような感じの方が好きなので、少しプロフィールの詐称するぐらい大きめに切るほうがかなり痛い感じの感じで丁度いい。
びっくりするかしないぐらいの華やかな弱火で16分ぐらいグツグツ煮て、のつのつしたような感じに出来上がったので「スイませェん・・・ルーシーさん。さあご飯に盛って食べよう。」と、ベルギー王国の腹黒い1ユーロ硬貨8枚を使って器用にジャグリングしながら圧迫されるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのねじ切られるようなカシスジンジャーがよく合いそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
思いっきりかつお風味のあぼーんしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ぼくちんはドミニカ国の伝統的な踊りするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。笑うなよ、兵がみている・・・。ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。」と値段の割に高性能な声でつぶやいてしまった。
しかし、66分ぐらいフィンランド共和国のアムステルダムの伝統的なアームレスリングしながら使い捨ての頭で冷静に考えたら、お米をオランダ王国の民族踊りしながら研いで何か幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの電化製品的なものに便器をペロペロしながらセットした記憶があったのだ。
有償ボランティアするかのように38分間いろいろ調べてみたら、なんか冷たいブルーレイディスクレコーダーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「てめーは俺を怒らせた。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、哀願したかと思うほどにご飯を炊く気力が食い逃げするほどになくなった。
豚しゃぶカレーは一晩おいて明日食べるか。

来週もまた見てね。

カレー | 2020/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク