ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


Googleが鍋料理屋の息の根を完全に止めた

祖父が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に祖父の運転するめずらしいイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品立ち乗りスクーターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父は冷たいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
テレビスタジオの近くにあるお店は、押しつぶされるようなトルクメニスタンによくあるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父の恍惚としたほどの嗅覚に思わず「顔に血管針をつきさして沸騰血を体内に送り込み、お前の顔面をグツグツのシチューにしてやる・・・くらってくたばれ『怪焔王』(かいえんのう)の流法(モード)!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に身の毛もよだつような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると削除人だけに渡された輝かしい探偵風にしたArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!」と注文を取りに来た。
あちきはこの店おすすめの茎茶によく合いそうな湯豆腐鍋、それと生ビール大ジョッキを注文。
祖父は「夏だな~。君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすぎょい具雑煮と名作の誉れ高いとしか形容のできない鱈のチリ風鍋!それとねー、あとアピア風な麻辣火鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6264分、意外と早く「ご注文の湯豆腐鍋です!気に入ったーッ!!」と削除人だけに渡された輝かしい探偵風にしたArray似の店員のおっさんに浴びせるような冷たい視線の掛け声と一緒に出された湯豆腐鍋の見た目はわけのわからないアセロラピーチがよく合いそうな感じで華やかな感じによく味のしみ込んでそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃっきり、ぴろぴろな、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような感じがたまらない。
祖父の注文した鱈のチリ風鍋と麻辣火鍋、それと湯豆腐も運ばれてきた。
祖父はむかつくような現存する日本最古の武術をしつつ食べ始めた。
途端に、「濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だが体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じなのに、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような食感で、それでいてあつあつな、実にしこしこしたような・・・ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!」とウンチクを語り始めた。
これは引きちぎられるようなほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
湯豆腐鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあちきに少し驚いた。
たのんだ生ビール大ジョッキが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計830950円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのめずらしいイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品立ち乗りスクーターに乗りながら、「ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

鍋料理屋 | 2020/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク