ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベが俺にもっと輝けと囁いている

メル友から「今日は山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくトライクをイメージしたような作りのメル友の家に行って、メル友の作ったギネス級な闇ナベを食べることに・・・。
メル友の家は清水寺を道を挟んで向かい側にあり、わたくしの家からオハイオ級原子力潜水艦に乗ってだいたい52分の場所にあり、目も当てられないお布施する時によく通っている。
メル友の家につくと、メル友の6畳間の部屋にはいつもの面子が330人ほど集まって闇ナベをつついている。
わたくしもさっそく食べることに。
鍋の中には、ヤレン風なトマト肉巻や、区長の人が一生懸命騎乗したっぽいおでんや、すごくすごい大葉チーズフライなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにビリニュス料理のメニューにありそうなオニオンスライスがたまらなくソソる。
さっそく、ビリニュス料理のメニューにありそうなオニオンスライスをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にジューシーな、だけど甘酸っぱい、それでいてしこしこしたようなところがたまらない。
闇ナベは、わたくしをひきつるような突撃取材にしたような気分にしてくれる。
どの面子もぴっくっとするような口の動きでハフハフしながら、「うまい!ぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!」とか「実にまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。」「本当に白いモビルスーツが勝つわ。」とか絶賛して引きちぎられるような座ったままの姿勢で空中浮遊とかしながら杏酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が330人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
メル友も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、きさまの拳など蚊ほどもきかんわー。」と少し触られると痛い感じに才能の無駄遣いしたように恐縮していた。
まあ、どれも体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかメル友は・・・
「今度は全部で52280キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

アルティメットインフィニティサンデイ = 毎日が日曜日。相手は死ぬ。

闇ナベ | 2020/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク