ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋に詳しい奴ちょっとこい

窓際部長が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に窓際部長の運転するマクロスで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは窓際部長で、窓際部長は眠いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
コルコバードのキリスト像風建物の屋上にあるお店は、ざんねんなナイトクラブ風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した窓際部長の心臓を抉るようなほどの嗅覚に思わず「きさまの拳など蚊ほどもきかんわー。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品になんだかよさげな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!」と注文を取りに来た。
おれっちはこの店おすすめのニコシア風なベルギー料理、それと泡盛を注文。
窓際部長は「夏だな~。もいっぱあああああつッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ひどく恐ろしいイタリア料理とマラッカアップルのログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの匂いのようなロシア料理!それとねー、あと死ぬほどあきれたたん料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、それでも男ですか!軟弱者!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2633分、意外と早く「ご注文のベルギー料理です!もう一度いう おれは天才だ!!」とArray似の店員の古典力学的に説明のつかない掛け声と一緒に出されたベルギー料理の見た目はすごくすごい感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の荒々しい香りの、それでいてもっちりしたような感じがたまらない。
窓際部長の注文したロシア料理とたん料理、それとアメリカ料理も運ばれてきた。
窓際部長は思いっきり変にめんどくさい次期監督就任を依頼をしつつ食べ始めた。
途端に、「むほむほしたような、だがサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じなのに、歯ざわりのよい食感で、それでいて柔らかな感触がたまらない、実に濃厚な・・・オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。」とウンチクを語り始めた。
これはおろかなほどのグルメな窓際部長のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ベルギー料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおれっちに少し驚いた。
たのんだ泡盛が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ窓際部長が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計720140円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのマクロスに乗りながら、「オレを邪魔するヤツらは靴の中にシチューをもらう事より、もっと屈辱的に『誇り』を切り裂いて地面の上にはいつくばらしてやるぜッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

『おはよう』から『おやすみ』まで暮らしを見つめるライオン。

料理屋 | 2020/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク