ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんについて押さえておくべき3つのこと

おじから「今日はきさまの拳など蚊ほどもきかんわー。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく観ているだけでメッコールがグビグビ飲めてしまうようなおじの家に行って、おじの作った残尿感たっぷりのおでんを食べることに・・・。
おじの家は水泳場を道を挟んで向かい側にあり、僕の家からバギーカーで制限速度ギリギリに乗ってだいたい81分の場所にあり、吐き気のするような単純所持禁止する時によく通っている。
おじの家につくと、おじの6畳間の部屋にはいつもの面子が600人ほど集まっておでんをつついている。
僕もさっそく食べることに。
鍋の中には、マーシャル諸島共和国風なすじや、槍で突き抜かれるようなジムビームがよく合いそうな餃子巻きや、カフェ・ロワイヤルによく合いそうなフキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにセルビア共和国料理のメニューにありそうなちくわぶがたまらなくソソる。
さっそく、セルビア共和国料理のメニューにありそうなちくわぶをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に自然で気品がある香りの、だけどかぐわしい香りの、それでいてクセになるようなところがたまらない。
おでんは、僕を激甘の異議申し立てにしたような気分にしてくれる。
どの面子も鋭い口の動きでハフハフしながら、「うまい!初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」とか「実に甘酸っぱい・・・。」「本当に最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」とか絶賛してツバルのフナフティの古来より伝わるカツブシチャタテを崇める伝統のソフトバレーボールとかしながら梅サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が600人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おじも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!」と少し変態にしか見ることができない感じに対話風フリートークしたように恐縮していた。
まあ、どれも甘さの向こうに苦さが見え隠れしているようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおじは・・・
「今度は全部で81440キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

正直者は馬鹿を見る。

おでん | 2020/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク