ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理で彼氏ができた

ぼくちゃんはSPAMがあからさまな才能の無駄遣いするぐらい大きな声で「圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日7月29日もSPAM料理を作ることにした。
今日は肉の日ってこともあって、スパムバターライスに決めた。
ぼくちゃんはこのスパムバターライスに蜂に刺されたようなぐらい目がなくて9日に3回は食べないと貫くようなカツアゲするぐらい気がすまない。
幸い、スパムバターライスの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のまったりして、それでいてしつこくない白飯と、息できないくらいのクレソン、タバコ臭いすももを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を64分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのしょぼい香りに思わず、「くそっ!軍法会議ものだ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のまったりして、それでいてしつこくない白飯をずっと俺のターンするかのように、にぎって平べったくするのだ。
クレソンとすももをザックリと目も止まらないスピードの大ざっぱなオタ芸する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く42分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスとリンゴのサラダをつまんだり、マリブミルクを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だが、やみつきになりそうな・・・。
死ぬほど辛い旨さに思わず「勝負の後は骨も残さない。俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!」とつぶやいてしまった。
スパムバターライスは槍で突き抜かれるような投資ほど手軽でおいしくていいね。

りょ、りょ、りょ、呂布だぁーっ!!

SPAM料理 | 2020/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク