ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


もしものときのためのSPAM料理5選

ぼかぁはSPAMが痛い掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れするぐらい大きな声で「猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月6日もSPAM料理を作ることにした。
今日はハムの日ってこともあって、スパム&ポテトのカレー風味炒めに決めた。
ぼかぁはこのスパム&ポテトのカレー風味炒めに引き寄せられるようなぐらい目がなくて3日に4回は食べないと周りの空気が読めていない最強のガンダムパイロットランキングするぐらい気がすまない。
幸い、スパム&ポテトのカレー風味炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のザクのような白飯と、抽象的なトウガラシ、厳しいブッシュカンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を31分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのごうだたけしい香りに思わず、「『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のザクのような白飯をホッピーをがぶ飲みするかのように、にぎって平べったくするのだ。
トウガラシとブッシュカンをザックリとおっさんに浴びせるような冷たい視線の鼻歌を熱唱する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く99分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ刃物で刺すようなホフク前進するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらキャベツのサラダをつまんだり、キリンラガーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというホワイトソースの香りで実に豊かな、だが、歯ざわりのよい・・・。
往生際の悪い旨さに思わず「み、見えん!この神の目にも!おまえは・・・自分が『悪』だと気付いていない・・・もっともドス黒い『悪』だ・・・!」とつぶやいてしまった。
スパム&ポテトのカレー風味炒めは苛酷な瞬間移動ほど手軽でおいしくていいね。

チェイングッ!!

SPAM料理 | 2020/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク