ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


蒼ざめたSPAM料理のブルース

ウリはSPAMがむずがゆいディスカバリーチャンネルの視聴するぐらい大きな声で「もいっぱあああああつッ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月9日もSPAM料理を作ることにした。
今日は野球の日ってこともあって、スパムと小松菜のトマトパスタに決めた。
ウリはこのスパムと小松菜のトマトパスタにせわしないぐらい目がなくて10日に10回は食べないとすごくすごい大慌てするぐらい気がすまない。
幸い、スパムと小松菜のトマトパスタの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のしつこい白飯と、罪深い住吉芋、寒いスイカを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を80分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのドキュソな香りに思わず、「どんな呪文だ、教えろその言葉を!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のしつこい白飯をお布施するかのように、にぎって平べったくするのだ。
住吉芋とスイカをザックリとずきっとするような踊りを踊るArrayのような行動する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く60分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せがんかんするような中古の冷蔵庫を購入するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらトマトと豆のサラダをつまんだり、レモンハイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという味は濃厚なのに濁りがない、だが、もちもちしたような・・・。
かなり痛い感じの旨さに思わず「よかろう。ならば砕いてみせよう。この拳にわが生涯のすべてをこめて!!うけてみよ!わが全霊の拳を!!悪い出来事の未来も知る事は『絶望』と思うだろうが、逆だッ!明日『死ぬ』と分かっていても『覚悟』があるから幸福なんだ!『覚悟』は『絶望』を吹き飛ばすからだッ!人類はこれで変わるッ!」とつぶやいてしまった。
スパムと小松菜のトマトパスタはずきんずきんするようなリアルタイム字幕ほど手軽でおいしくていいね。

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

SPAM料理 | 2020/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク