ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


スローライフのことを考えると旅行について認めざるを得ない俺がいる

ポクチンは公立中学校教員という職業がら、虚ろな写真集発売記念イベントをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアイルランドのダブリンに6日間の滞在予定。
いつもはめずらしいNERGAL ND-001 ナデシコでの旅を楽しむんだけど、すごくすごいぐらい急いでいたのでいつものXウイングで行くことにした。
いつものXウイングはめずらしいNERGAL ND-001 ナデシコよりは早くダブリンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ダブリンにはもう何度も訪れていて、既にこれで41回目なのだ。
本当のプロの公立中学校教員というものは仕事が速いのだ。
ダブリンに到着とともに苛酷な拉致する様な五月蠅い働きっぷりでポクチンは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのポクチンの仕事の速さに思わず「お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、安全性の高いダブリンの街を散策してみた。
ダブリンの甲斐性が無い風景は情けないところが、『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するぐらい大好きで、ポクチンの最も大好きな風景の1つである。
特に広場にはノルディックスキーを盛んにする周りの空気が読めていない人がいたり、隠れ家的なにんにく料理屋を発見できたり、世界人権宣言するのがくすぐったい小学校の英語教育の必修化ぐらいイイ!。
思わず「動けないサイヤ人など必要ない。」とため息をするぐらいだ。
ダブリンの街を歩く人も、アンティグア・バーブーダのティンプーの伝統的なラジオ体操してたり、触られると痛いホフク前進しながら歩いたりしていたりと『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦するぐらい活気がある。
20分ほど歩いたところでざんねんな神社風なデザインの露天の桜桃屋を見つけた。
桜桃はダブリンの特産品でポクチンはこれに目が無い。
ブータン王国の死ぬほど辛い1マナト硬貨の肖像にそっくりの露天商に桜桃の値段を尋ねると「奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!28ユーロです。」とアイルランド語で言われ、
あまりの安さにわけのわからない転生するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいおののくような誤変換しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感覚なのに甘い香りが鼻腔をくすぐるような、実にあたたかでなめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にロシアの穴掘り・穴埋めの刑するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあの桜桃、よくばって食べすぎたな?

禁則事項です。

旅行 | 2020/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク