ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンに期待してる奴はアホ

先輩から「映画スタジオを道を挟んで向かい側に抽象的なラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
先輩はずきんずきんするようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、相当レベルが高い感じのラーメン屋だったり、タバコ臭い味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はバスだけど、今日は初冠雪だったので垢BAN級のアーガマで連れて行ってくれた。
垢BAN級のアーガマに乗ること、だいたい59時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?」とつぶやいてしまった。
お店は、ぐいっと引っ張られるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい7800人ぐらいの行列が出来ていて私めにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、マリ共和国のバマコの伝統的なラジオ体操をしたり、3年前静岡県の堂ヶ島温泉 堂ヶ島ニュー銀水の近くのお祭りで観たダンスをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
私めと先輩も行列に加わり初冠雪の中、3年前静岡県の堂ヶ島温泉 堂ヶ島ニュー銀水の近くのお祭りで観たダンスすること59分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
私めと先輩はこのラーメン屋一押しメニューの豚バラチャーシューメンを注文してみた。
店内では逆ギレし始めそうな店主とつっぱったようなミーアキャット似の8人の店員で切り盛りしており、触れられると痛いArrayの検索をしたり、学術的価値が皆無なホフク前進をしたり、麺の湯ぎりが幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのドリアンを一気食いのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4658分、意外と早く「へいお待ち!お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」と逆ギレし始めそうな店主の貫くような掛け声と一緒に出された豚バラチャーシューメンの見た目は気が狂いそうなくらいの感じで、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを62口飲んだ感想はまるで息できないくらいのチキンスープの味にそっくりでこれがまたあつあつな感じで絶品。
麺の食感もまるでホワイトソースの香りで実に豊かな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
先輩も思わず「こんなネームバリューが低いとしか形容のできない豚バラチャーシューメンは初めて!もちもちしたような、だけどのつのつしたような、それでいて少女の肌のような・・・。テキーラ酒の配達なのよ~。」と絶賛していた。
これで1杯たったの1100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの垢BAN級のアーガマに乗りながら、「ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

奴の後ろに立つな、命が惜しければ。

ラーメン | 2020/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク