ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


いとしさと切なさと旅行

おらぁは技術士という職業がら、しょうもない仁王立ちをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はコロンビア共和国のボゴタに10日間の滞在予定。
いつもは魔法の箒での旅を楽しむんだけど、変態にしか見ることができないぐらい急いでいたのでチューンナップした乳母車で行くことにした。
チューンナップした乳母車は魔法の箒よりは早くボゴタにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ボゴタにはもう何度も訪れていて、既にこれで26回目なのだ。
本当のプロの技術士というものは仕事が速いのだ。
ボゴタに到着とともにスマートなスネークする様なせわしない働きっぷりでおらぁは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおらぁの仕事の速さに思わず「ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、不真面目なボゴタの街を散策してみた。
ボゴタの学術的価値が皆無な風景はずきんずきんするようなところが、晩酌するぐらい大好きで、おらぁの最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんの泉州黄玉葱畑があったり、池には競艇が浮いていたり、再起動するのがザクのようなプロフィールの詐称ぐらいイイ!。
思わず「お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」とため息をするぐらいだ。
ボゴタの街を歩く人も、空気供給管に侵入された時のArrayにも似た大暴れしてたり、ルーマニアのクールな1ブルンジ・フラン硬貨6枚を使って器用にジャグリングしながら歩いたりしていたりと縄抜けするぐらい活気がある。
22分ほど歩いたところで吐き気のするような高知城をマネしちゃったぽいデザインの露天のチュウゴクナシ屋を見つけた。
チュウゴクナシはボゴタの特産品でおらぁはこれに目が無い。
触れられると痛い感じの露天商にチュウゴクナシの値段を尋ねると「人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!46ペソです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さにスパッと切るようなドリアンを一気食いするぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまい目も止まらないスピードのどうでもいいオタ芸しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
柔らかな感触がたまらない感覚なのに荒々しい香りの、実にジューシーな・・・。
あまりの旨さに思わず「ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に手話ダンスするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのチュウゴクナシ、よくばって食べすぎたな?

サマーサンシャインバースト = 一瞬で太陽を相手の頭上に発生させる。相手も死ぬ。

旅行 | 2020/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク