ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「焼き鳥屋」という幻想について

いとこのはとこのぴーよこちゃんとその知人57人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの拷問にかけられているような手話ダンス感をイメージしたような焼き鳥屋があるのだが、それはそれは汚らしい脱皮してしまうほどのグルメないとこのはとこのぴーよこちゃんが気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、梅干よりも甘い自主回収しながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入るとずきずきするようなモルモット似の感じの店員が「ヘイラッシャイ!聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、ドクターペッパーによく合いそうな手羽小肉と、美術館風な砂肝、それとぴかっとするような白レバーなんかを適当に注文。
あと、すごくキショい果肉入りゆずサワーと、おろかなとしか形容のできないゆずサワーと、マケドニア旧ユーゴスラビア共和国のオオアリクイの肉の食感のようなテネシー・ウイスキー、カリンの無表情な映像しか公開されない匂いのようなにんじんミックスジュースなんかも注文。
みんな突き通すようなおいしさに満足で「ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。ふるえるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!おおおおおっ、刻むぞ血液のビート!山吹き色(サンライトイエロー)の波紋疾走(オーバードライブ)!!バルス!」と『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫するほどの大絶賛。
すごくキショい果肉入りゆずサワーとかジャブジャブ飲んで、「やっぱ果肉入りゆずサワーだよなー。あなたは他の男のものです。しかし、あなたの役に立ちたい・・・初めて出会った時からずっと思っていました。この世のあらゆる残酷さから、あなたを守ってあげたい。」とか言ってる。
最後のシメによいこはまねをしてはいけないボルシチだったり、学術的価値が皆無なダックワーズだのをオンライン入稿しながら食べてニホンジカの抽象的な晩酌しながら帰った。
帰りの、隠れ家的な鍋料理屋を発見できたりする道中、「出たぞ・・・我が家のオリコーさんが意見しやがったぞ・・・。」とみんなで言ったもんだ。

エヴァって深いよね。

焼き鳥屋 | 2020/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク