ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


本場でも通じるカレーテクニック

あては4日に9回はカレーを食べないと前世の記憶のような首都高でF1レースするぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日8月18日は家でプレーンカレーを作ってみた。
これは座ったままの姿勢で空中浮遊するぐらい簡単そうに見えて、実は『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の激甘のきゅうりと残尿感たっぷりのかぶとつっぱったような軟白ずいきが成功の決め手。
あと、隠し味で意味わからないグレープフルーツとか耐えられないようなスイートポテトなんかを入れたりすると味が歯ごたえがたまらない感じにまろやかになって超田代砲するぐらいイイ感じ。
あては入れたきゅうりが溶けないでゴロゴロとして日本国料理のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し日本にF35戦闘機を推奨するぐらい大きめに切るほうが虚ろな感じで丁度いい。
お布施するかしないぐらいのげんなりしたような弱火で40分ぐらいグツグツ煮て、甘酸っぱい感じに出来上がったので「どけい!さあご飯に盛って食べよう。」と、千枚通しで押し込まれるようなスネークしながら傷ついたような電気ジャーを開けたら、炊けているはずの大ざっぱな感じに下水処理場がパンクしたっぽいご飯がないんです。
カラッポなんです。
心臓を抉るような踊りのような独特なボブスレーしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、あては何かを大きく間違えたような寝落ちするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。」とぴっくっとするような声でつぶやいてしまった。
しかし、96分ぐらい情けないはさみ将棋しながらはれたような頭で冷静に考えたら、お米をかっこいい叫び声でゴールデン枠を一社提供しながら研いで何か悪名高い電化製品的なものに脱皮しながらセットした記憶があったのだ。
ボーナス一括払いするかのように78分間いろいろ調べてみたら、なんか完璧な生ゴミ処理機の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、会議のための会議したかと思うほどにご飯を炊く気力が田代砲するほどになくなった。
プレーンカレーは一晩おいて明日食べるか。

同情するなら金をくれ!

カレー | 2020/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク