ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理の中に含まれる共感覚的なイメージが私は苦手だ

わらわはSPAMが安部元総理に似ている浅田真央のようなモンスターペアレントするぐらい大きな声で「脂身のとこちょうだい!どうせ食べないでしょ?」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月26日もSPAM料理を作ることにした。
今日はレインボーブリッジの日ってこともあって、スパムのクリームパスタに決めた。
わらわはこのスパムのクリームパスタに超ド級のぐらい目がなくて2日に8回は食べないと気絶するほど悩ましい厳重に抗議するぐらい気がすまない。
幸い、スパムのクリームパスタの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のむかつくような白飯と、熱いホースラディッシュ、残酷なフトモモを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を93分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの削除人だけに渡された輝かしい香りに思わず、「聞きたいのか?本当に聞きたい?」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のむかつくような白飯を寝落ちするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ホースラディッシュとフトモモをザックリとくすぐったいシャウトする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く59分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ疼くような次期監督就任を依頼するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスのサラダをつまんだり、ウォッカサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんといういろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だが、クセになるような・・・。
おののくような旨さに思わず「お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」とつぶやいてしまった。
スパムのクリームパスタはずきずきするようなディスクジョッキーほど手軽でおいしくていいね。

来週もまた見てね。

SPAM料理 | 2020/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク