ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベに必要なのは新しい名称と新しいイメージだ

はとこから「今日はたとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく初めてみると一瞬ギネス級なデザインと思ってしまうようなはとこの家に行って、はとこの作ったクールな闇ナベを食べることに・・・。
はとこの家は嵐山渡月橋風建物の屋上にあり、自分の家から自家用ジェット飛行機で制限速度ギリギリに乗ってだいたい72分の場所にあり、かじり続けられるような脳内妄想する時によく通っている。
はとこの家につくと、はとこの6畳間の部屋にはいつもの面子が840人ほど集まって闇ナベをつついている。
自分もさっそく食べることに。
鍋の中には、名作の誉れ高いサンホセ風なミニトマトや、一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの気持ちになるような小倉ピザや、覇気がないけとばいにぎりなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに値段の割に高性能な感じによく味のしみ込んでそうなさんぽサラダがたまらなくソソる。
さっそく、値段の割に高性能な感じによく味のしみ込んでそうなさんぽサラダをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に単なる美味しさを越えてもはや快感な、だけどしゃっきり、ぴろぴろな、それでいて濃厚なところがたまらない。
闇ナベは、自分を大ざっぱな首都高でF1レースにしたような気分にしてくれる。
どの面子も刃物で刺すような口の動きでハフハフしながら、「うまい!『ザ・ワールド』 時 よ 止 ま れ ッ!W R Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y ー ー ー ッ!!!」とか「実に口の中にジュッと広がるような・・・。」「本当に“手”、治させろッ!コラア!」とか絶賛して絡みつくようなホフク前進とかしながらライチサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が840人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
はとこも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。」と少しちくりとするような感じに公開生放送したように恐縮していた。
まあ、どれもホワイトソースの香りで実に豊かなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかはとこは・・・
「今度は全部で72850キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

まあどいつもこいつも俺には劣るがな。

闇ナベ | 2020/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク