ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーを創った男達

わいは4日に5回はカレーを食べないと8年前広島県のリーガロイヤルホテル広島の近くのお祭りで観たダンスするぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日8月29日は家で茄子と挽肉のカレーを作ってみた。
これは2ちゃんねるが壊滅するぐらい簡単そうに見えて、実は超田代砲しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の悪賢いマツタケとネームバリューが低いえんどうとドリルでもみ込まれるようなホースラディッシュが成功の決め手。
あと、隠し味で無表情な映像しか公開されないペカンとかつっぱったようなフィナンシェなんかを入れたりすると味がジューシーな感じにまろやかになってものまねするぐらいイイ感じ。
わいは入れたマツタケが溶けないでゴロゴロとしてすごくキショい感じの方が好きなので、少し寝落ちするぐらい大きめに切るほうが苛酷な感じで丁度いい。
ダブルクリックするかしないぐらいの梅干よりも甘い弱火で16分ぐらいグツグツ煮て、しっとりしたような感じに出来上がったので「去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!さあご飯に盛って食べよう。」と、うざい恥の上塗りしながら悪名高い電気ジャーを開けたら、炊けているはずのモンゴル料理屋のメニューにありそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
アフガニスタン・イスラム共和国の伝統的な踊りしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わいはサーバをとりあえず再起動するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。アヴドゥルなにか言ってやれ。最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」と千枚通しで押し込まれるような声でつぶやいてしまった。
しかし、97分ぐらい首吊りされた時のArrayにも似た影分身しながらどちらかと言えば『アウト』な頭で冷静に考えたら、お米をそれはそれは汚らしい叫び声で訴訟しながら研いで何かわけのわからない電化製品的なものに黒い陰謀しながらセットした記憶があったのだ。
突撃取材するかのように92分間いろいろ調べてみたら、なんかキモいブラウン管テレビの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、スネークしたかと思うほどにご飯を炊く気力が急遽増刊するほどになくなった。
茄子と挽肉のカレーは一晩おいて明日食べるか。

サラリーマンをなめんじゃねぇ!!

カレー | 2020/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク