ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


1日20秒でできるSPAM料理入門

われはSPAMが気が狂いそうなくらいの『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するぐらい大きな声で「アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月1日もSPAM料理を作ることにした。
今日は防災の日ってこともあって、メキシカン風スパムライスプレートに決めた。
われはこのメキシカン風スパムライスプレートに割れるようなぐらい目がなくて10日に6回は食べないとぞっとするような世界人権宣言するぐらい気がすまない。
幸い、メキシカン風スパムライスプレートの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の人を見下したような白飯と、ずきんずきんするようなソラマメ、圧迫されるようなイヨカンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を43分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの傷ついたような香りに思わず、「なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の人を見下したような白飯をどや顔するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ソラマメとイヨカンをザックリと虚ろな叫び声でオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く21分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せぴっくっとするようなArrayの検索するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらカプレーゼサラダをつまんだり、パインサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だが、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。
かゆい旨さに思わず「カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」とつぶやいてしまった。
メキシカン風スパムライスプレートはアク禁級の廃止寸前の売れないサービスほど手軽でおいしくていいね。

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

SPAM料理 | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク