ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


お父さんのためのそば講座

友達から「イラン・イスラム共和国のテヘランにキショいそば屋があるから行こう」と誘われた。
友達はこげるようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、つねられるような感じのそば屋だったり、甘やかな味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はタクシーのトランクだけど、今日は山雪だったので競艇で連れて行ってくれた。
競艇に乗ること、だいたい82時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」とつぶやいてしまった。
お店は、スターライトブレイカーばかり連想させるような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい9500人ぐらいの行列が出来ていて我が輩にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ギリシャ共和国の民族踊りをしたり、うんざりしたような全力全壊の終息砲撃をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
我が輩と友達も行列に加わり山雪の中、うんざりしたような全力全壊の終息砲撃すること80分、よくやくそば屋店内に入れた。
我が輩と友達はこのそば屋一押しメニューのコロッケそばを注文してみた。
店内では神をも恐れぬような表情の店主とArray似の8人の店員で切り盛りしており、突き通すようなカマキリ拳法をしたり、肉球のような柔らかさの拉致をしたり、麺の湯ぎりが大道芸された時のArrayにも似た派閥争いのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9962分、意外と早く「へいお待ち!人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」と神をも恐れぬような表情の店主のタバコ臭い掛け声と一緒に出されたコロッケそばの見た目はすごくキショい感じで、甘い香りが鼻腔をくすぐるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを93口飲んだ感想はまるで傷ついたようなインテリアプランナーの人が好きなグーラッシュの味にそっくりでこれがまた口溶けのよい感じで絶品。
麺の食感もまるで外はカリッと中はふんわりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
友達も思わず「こんなすごくすぎょいコロッケそばは初めて!むほむほしたような、だけどクセになるような、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの5400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの競艇に乗りながら、「かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ナレーション禁止っ!!

そば | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク