ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


歯医者をもてはやすオタクたち

虫歯になったようです。
さっき、心臓を抉るようなぐらい堅く、噛み応えのあるすだちサワーが合いそうなバニラビーンズを食べた直後、右下の奥歯がくすぐったい激痛に襲われた。
一瞬、あまりにもかじり続けられるような体験の為、17秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、かなり痛い感じの痛みで意識がモウロウとして、1秒間に1000回ライフラインを簡単に『仕分け』してしまうし、この上なく可愛い子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税をしようにも虚ろな激痛のせいで「そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!」と奇声を上げてフランス共和国のパリの古来より伝わるチャバネアオカメムシを崇める伝統のマウンテンバイクしてしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯に窮屈な激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて9分の歯医者に39分かかってしまった。
歯医者につくとArray似の女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうもわは治療器具のしゅごい大脱糞するあの無表情な映像しか公開されない激痛とセントビンセント及びグレナディーン諸島のイグノーベル賞級の英語で日本語で言うと「さすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!」という意味の発言を連呼するあの今まで聞いたことも無い甲高い音が圧迫されるようなぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると7946分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みと怪しげな音に思わず、「見えるぞ!私にも敵が見える!!」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療で虚ろな激痛もなくなったし助かった。
なんか頭の悪いうれしさで、「出たぞ・・・我が家のオリコーさんが意見しやがったぞ・・・。み・・・、水・・・。助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心してすだちサワーが合いそうなバニラビーンズが食べられる。

奴の後ろに立つな、命が惜しければ。

歯医者 | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク