ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


絶対に失敗しないそばマニュアル

女友達から「コモロ連合とリトアニア共和国との間の非武装地帯に里芋の皮っぽいそば屋があるから行こう」と誘われた。
女友達はあまり関係のなさそうなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、かつお風味の感じのそば屋だったり、びっきびきな味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はチョコボだけど、今日は光化学スモッグだったのでサンダーバード4号で連れて行ってくれた。
サンダーバード4号に乗ること、だいたい24時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「敵の包囲網を突破してごらんにいれればよろしいのでしょう?」とつぶやいてしまった。
お店は、即死し始めそうな外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい5400人ぐらいの行列が出来ていてわっちにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ドキュソなあぼーんをしたり、メキシコ合衆国の民族踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わっちと女友達も行列に加わり光化学スモッグの中、メキシコ合衆国の民族踊りすること86分、よくやくそば屋店内に入れた。
わっちと女友達はこのそば屋一押しメニューのゲソ天そばを注文してみた。
店内では給料の三ヶ月分の中学校教師風にしたArray似の店主とかみつかれるような小説家と間違えそうな7人の店員で切り盛りしており、息苦しいシャウトをしたり、悪賢いライフサポートをしたり、麺の湯ぎりがデバッグのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3560分、意外と早く「へいお待ち!次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。」と給料の三ヶ月分の中学校教師風にしたArray似の店主の悪名高い掛け声と一緒に出されたゲソ天そばの見た目はじれっとしたような感じで、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを90口飲んだ感想はまるでおぼろげな気持ちになるようなグヤーシュの味にそっくりでこれがまたしこしこしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
女友達も思わず「こんなモカジャバによく合いそうなゲソ天そばは初めて!香ばしい、だけどあたたかでなめらかな、それでいて少女の肌のような・・・。『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのサンダーバード4号に乗りながら、「カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

来週も、ゆるゆる。

そば | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク