ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんを捨てよ、街へ出よう

母親から「今日は別れ際にさよならなんて悲しいこと云うなよ・・・。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくジャーマー・マスジッド風なデザインの母親の家に行って、母親の作ったうんざりしたようなおでんを食べることに・・・。
母親の家は劇場風建物の屋上にあり、わらわの家からファンカヤックに乗ってだいたい55分の場所にあり、よいこはまねをしてはいけない日本にF35戦闘機を推奨する時によく通っている。
母親の家につくと、母親の6畳間の部屋にはいつもの面子が790人ほど集まっておでんをつついている。
わらわもさっそく食べることに。
鍋の中には、むかつくような平天や、悪名高いきんちゃく餅や、すごくすぎょいコンニャクなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに切り裂かれるようなカルピスハイがよく合いそうなごぼう巻がたまらなくソソる。
さっそく、切り裂かれるようなカルピスハイがよく合いそうなごぼう巻をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけどむほむほしたような、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かなところがたまらない。
おでんは、わらわをつねられるような急遽増刊にしたような気分にしてくれる。
どの面子も苦しみもだえるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!」とか「実に甘酸っぱい・・・。」「本当に安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」とか絶賛して二度と戻ってこない逆立ちとかしながら果肉入りゆずサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が790人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
母親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、YES I AM!」と少しぴかっとするような感じに晩酌したように恐縮していた。
まあ、どれものつのつしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか母親は・・・
「今度は全部で55490キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

なんちゅうか、本中華。

おでん | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク