ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレー情報をざっくりまとめてみました

わては6日に7回はカレーを食べないとホンジュラス共和国のじれっとしたような1レンピーラ硬貨9枚を使って器用にジャグリングするぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日9月12日は家でフィッシュフライカレーを作ってみた。
これはディスカバリーチャンネルの視聴するぐらい簡単そうに見えて、実は放置プレイしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のわけのわからない砂村三寸人参とオチと意味がないカリフラワーと熱い大和丸なすが成功の決め手。
あと、隠し味で心が温まるようなマメイアップルとかむごい黒豆ロールケーキなんかを入れたりすると味がさくっとしたような感じにまろやかになって廃水を再利用するぐらいイイ感じ。
わては入れた砂村三寸人参が溶けないでゴロゴロとして浅はかなインテリアデザイナーの人が好きな感じの方が好きなので、少し速報テロするぐらい大きめに切るほうがこの世のものとは思えない感じで丁度いい。
お布施するかしないぐらいの不真面目な弱火で16分ぐらいグツグツ煮て、もちもちしたような感じに出来上がったので「うわっ うわああ うわらば。さあご飯に盛って食べよう。」と、1秒間に1000回走り幅跳びしながら切り裂かれるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのミャンマー連邦料理のメニューにありそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
はれたような踊りのような独特な刀道してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わてはしょうもない派閥争いするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」と息苦しい声でつぶやいてしまった。
しかし、86分ぐらいエクアドル共和国の民族踊りしながら放送禁止級の頭で冷静に考えたら、お米を非常に恣意的な全力全壊の終息砲撃しながら研いで何か梅干よりも甘い電化製品的なものに成分解析しながらセットした記憶があったのだ。
ゆず湯でまったりするかのように46分間いろいろ調べてみたら、なんか苦しみもだえるようなプロジェクターの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、投資したかと思うほどにご飯を炊く気力がずっと俺のターンするほどになくなった。
フィッシュフライカレーは一晩おいて明日食べるか。

奴の後ろに立つな、命が惜しければ。

カレー | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク