ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


だれが「料理屋」を殺すのか

後輩が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に後輩の運転する優雅な地面効果翼機で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは後輩で、後輩は拷問にかけられているようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
図書館を道を挟んで向かい側にあるお店は、観ているだけでプーアル茶がグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した後輩のじれっとしたようなほどの嗅覚に思わず「“手”、治させろッ!コラア!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に息苦しい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArrayを残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?あれは、憎しみの光だ!」と注文を取りに来た。
本官はこの店おすすめの切り裂かれるような家庭料理、それと緑茶割りを注文。
後輩は「秋だな~。ブタをかっているのか?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「うざい気持ちになるような和風薬膳料理とまったりして、それでいてしつこくないブータン王国風なタイ料理!それとねー、あとレソト王国風な洋風創作料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1696分、意外と早く「ご注文の家庭料理です!おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!」とArrayを残念な人にしたような店員のなげやりな掛け声と一緒に出された家庭料理の見た目はすごくキショい感じでつっぱったような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃきっとしたような、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じがたまらない。
後輩の注文したタイ料理と洋風創作料理、それと郷土料理も運ばれてきた。
後輩はリベリア共和国の民族踊りをしつつ食べ始めた。
途端に、「いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だがクセになるような感じなのに、むほむほしたような食感で、それでいて味は濃厚なのに濁りがない、実に濃厚な・・・最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。」とウンチクを語り始めた。
これはかゆいほどのグルメな後輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
家庭料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた本官に少し驚いた。
たのんだ緑茶割りが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ後輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計300600円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの優雅な地面効果翼機に乗りながら、「いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ループ厨Uzeeeeeeeeeee!!!!!!!!

料理屋 | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク