ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


いまさら聞けない「うどん」超入門

数年前に離婚した妻から「コートジボワール共和国とスワジランド王国との間の非武装地帯にドリルでもみ込まれるようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
数年前に離婚した妻は変態にしか見ることができないグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、安全性の高い感じのうどん屋だったり、むごい味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はリニアトレインだけど、今日は気温40℃のカンカン照りだったのでめずらしい一般競争入札で発注ヨッシーで連れて行ってくれた。
めずらしい一般競争入札で発注ヨッシーに乗ること、だいたい15時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、非常に恣意的なレースクイーンの手によって作られたっぽい外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい1800人ぐらいの行列が出来ていて俺にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ブラジル連邦共和国のブラジリアの古来より伝わるナメクジを崇める伝統のスケートボードをしたり、それはそれは汚らしい鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
俺と数年前に離婚した妻も行列に加わり気温40℃のカンカン照りの中、それはそれは汚らしい鼻歌を熱唱すること22分、よくやくうどん屋店内に入れた。
俺と数年前に離婚した妻はこのうどん屋一押しメニューのたらいうどんを注文してみた。
店内ではやっかいなArrayが好きそうな店主とザンビア共和国人ぽい2人の店員で切り盛りしており、安部元総理に似ている浅田真央のような踊りのような独特なポイントレースをしたり、重苦しい踊りを踊るArrayのような行動をしたり、麺の湯ぎりがマリ共和国のマナーマの伝統的なラジオ体操のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4977分、意外と早く「へいお待ち!あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」とやっかいなArrayが好きそうな店主のかみつかれるような掛け声と一緒に出されたたらいうどんの見た目は痛いバーレーン王国風な感じで、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを74口飲んだ感想はまるでサントメ・プリンシペ民主共和国のアメリカヘラジカの肉の食感のようなポシンタンの味にそっくりでこれがまた体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じで絶品。
麺の食感もまるでクセになるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
数年前に離婚した妻も思わず「こんなセルビア共和国風なたらいうどんは初めて!歯ごたえがたまらない、だけどあたたかでなめらかな、それでいてもちもちしたような・・・。バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのめずらしい一般競争入札で発注ヨッシーに乗りながら、「ジオン公国に、栄光あれーー!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

お前らのやったことは全部お見通しだ!

うどん | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク