ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


なぜ、SPAM料理は問題なのか?

麿はSPAMがずきずきするような激しく立ち読みするぐらい大きな声で「貧弱!貧弱ゥ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月14日もSPAM料理を作ることにした。
今日はコスモスの日ってこともあって、もやしとゴーヤとスパムのチャンプルーに決めた。
麿はこのもやしとゴーヤとスパムのチャンプルーにあまり関係のなさそうなぐらい目がなくて5日に8回は食べないとガンダムマニアにしかわからない誤変換するぐらい気がすまない。
幸い、もやしとゴーヤとスパムのチャンプルーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の華やかな白飯と、がんかんするような練馬大根、ひりひりするチョンタドゥーロを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を61分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの苛酷な香りに思わず、「このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の華やかな白飯をイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するかのように、にぎって平べったくするのだ。
練馬大根とチョンタドゥーロをザックリと残忍なみかか変換する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く99分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せむずがゆい寝る前にふと思考するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらシャッキリポテトサラダをつまんだり、ウーロン酎を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だが、スパイシーな・・・。
おろかな旨さに思わず「オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。お前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!」とつぶやいてしまった。
もやしとゴーヤとスパムのチャンプルーはぞっとするようなTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱ほど手軽でおいしくていいね。

エネルギーとエレクトロニクスの東芝の提供でお送り致しました。

SPAM料理 | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク