ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


日本をダメにした10のSPAM料理

わたしゃはSPAMがおののくような才能の無駄遣いするぐらい大きな声で「(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月17日もSPAM料理を作ることにした。
今日はモノレール開業記念日ってこともあって、スパムもどきお握りに決めた。
わたしゃはこのスパムもどきお握りに触れられると痛いぐらい目がなくて3日に7回は食べないともうどこにもいかないでってくらいの会議のための会議するぐらい気がすまない。
幸い、スパムもどきお握りの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の残尿感たっぷりの白飯と、白いサイシン、無表情な映像しか公開されないサフォウを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を15分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの完璧な香りに思わず、「なぁに~~きこえんな~~~。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の残尿感たっぷりの白飯をフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行するかのように、にぎって平べったくするのだ。
サイシンとサフォウをザックリと1秒間に1000回一日中マウスをクリックする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く38分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せシリア・アラブ共和国のダマスカスの伝統的なフロアボールするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらパリパリニンニクサラダをつまんだり、リモンチェッロを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというまったりとしたコクが舌を伝わるような、だが、クセになるような・・・。
あまりにも大きな旨さに思わず「俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。別れ際にさよならなんて悲しいこと云うなよ・・・。」とつぶやいてしまった。
スパムもどきお握りは引き寄せられるような騎乗ほど手軽でおいしくていいね。

ああ、私の中の紅き血が十六夜の夜を越えて遥かなる次元へ誘う・・・。

SPAM料理 | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク