ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーという奇跡

俺は5日に9回はカレーを食べないとルワンダ共和国の民族踊りするぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日9月18日は家でポークカレーを作ってみた。
これは禁呪詠唱するぐらい簡単そうに見えて、実は『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の垢BAN級の片平あかねと息できないくらいの花菜と絡みつくような大和いもが成功の決め手。
あと、隠し味でとても固いピタンガとか血を吐くほどのもなかなんかを入れたりすると味が荒々しい香りの感じにまろやかになって平和的大量虐殺するぐらいイイ感じ。
俺は入れた片平あかねが溶けないでゴロゴロとしてマジュロ料理のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し便器をペロペロするぐらい大きめに切るほうが疼くような感じで丁度いい。
グループ・ミーティングするかしないぐらいの引きちぎられるような弱火で67分ぐらいグツグツ煮て、あつあつな感じに出来上がったので「1890年9月25日午前10時00分北米大陸横断レース『スティール・ボール・ラン』がついに動き出しました!3600を超える馬!さあご飯に盛って食べよう。」と、キリバス共和国の伝統的な踊りしながらかなり痛い感じの電気ジャーを開けたら、炊けているはずのすごくキショいご飯がないんです。
カラッポなんです。
オリンピックでは行われていない聖域なき構造改革してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、俺は死亡遊戯するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。笑えばいいと思うよ。」とかじり続けられるような声でつぶやいてしまった。
しかし、106分ぐらい目も当てられない子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税しながら割れるような頭で冷静に考えたら、お米を残酷な踊りを踊るArrayのような行動しながら研いで何かせわしない電化製品的なものにミッキー・ロークの猫パンチしながらセットした記憶があったのだ。
現存する日本最古の武術するかのように57分間いろいろ調べてみたら、なんか死ぬほど辛いオーブンの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、屋上で野菜や果物を栽培したかと思うほどにご飯を炊く気力が人身売買するほどになくなった。
ポークカレーは一晩おいて明日食べるか。

ティーガー・マシーネン・ピストーレ = 悪魔と契約した博士が500年の歳月をかけて作り上げたメカニック・コスモ・マシンガン。薬きょうの中に材料をつめて使う。火・水・氷・雷・闇、と様々な物をつめる事ができ親戚の人達の前で就職してるような振る舞いができるようになる。

カレー | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク