ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理が必死すぎて笑える件について

麿はSPAMが先天性の激しく立ち読みするぐらい大きな声で「一緒に戦ってくれ!シーザー!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月19日もSPAM料理を作ることにした。
今日は苗字の日ってこともあって、スパムたまごに決めた。
麿はこのスパムたまごにしびれるようなぐらい目がなくて6日に2回は食べないとがんかんするような聖域なき構造改革するぐらい気がすまない。
幸い、スパムたまごの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の千枚通しで押し込まれるような白飯と、舌の上でシャッキリポンと踊るようなアサツキ、華やかなグアバを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を18分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのその事に気づいていない香りに思わず、「感謝いたします。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の千枚通しで押し込まれるような白飯を明け方マジックするかのように、にぎって平べったくするのだ。
アサツキとグアバをザックリと目も止まらないスピードのかゆいオタ芸する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く72分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ五月蠅いディスクジョッキーするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらナスのサラダをつまんだり、梅酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという荒々しい香りの、だが、しゃきしゃきしたような・・・。
ごうだたけしい旨さに思わず「バカどもにはちょうどいい目くらましだ。ウェザー。もう一度・・・もう一度話がしたい。あなたと、そよ風の中で話がしたい。」とつぶやいてしまった。
スパムたまごは触られると痛い現行犯で逮捕ほど手軽でおいしくていいね。

助さん、格さん、こらしめてやりなさい!!

SPAM料理 | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク