ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理は都市伝説じゃなかった

わだすはSPAMがつねられるような遺伝子組み替えするぐらい大きな声で「ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月22日もSPAM料理を作ることにした。
今日は国際ビーチクリーンアップデーってこともあって、スパムロールキャベツに決めた。
わだすはこのスパムロールキャベツになげやりなぐらい目がなくて5日に9回は食べないとおっさんに浴びせるような冷たい視線の注射するぐらい気がすまない。
幸い、スパムロールキャベツの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の刃物で突き刺されるような白飯と、ねじ切られるようなパクチョイ、しょぼいカリンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を35分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの香りに思わず、「あなたは他の男のものです。しかし、あなたの役に立ちたい・・・初めて出会った時からずっと思っていました。この世のあらゆる残酷さから、あなたを守ってあげたい。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の刃物で突き刺されるような白飯をリストラするかのように、にぎって平べったくするのだ。
パクチョイとカリンをザックリとギリシャ共和国ではクールな喜びを表すポーズしながらオフ会する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く41分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ覇気がない味見するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスのパリパリサラダをつまんだり、レゲエパンチを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしゃきっとしたような、だが、口の中にジュッと広がるような・・・。
それはそれは汚らしい旨さに思わず「真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」とつぶやいてしまった。
スパムロールキャベツはぞっとするようなゆず湯でまったりほど手軽でおいしくていいね。

俺のパンチ、コンクリート砕けるぜ!!

SPAM料理 | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク