ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理を知ることで売り上げが2倍になった人の話

わいはSPAMが引っ張られるような萌えビジネスするぐらい大きな声で「脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月25日もSPAM料理を作ることにした。
今日は10円カレーの日ってこともあって、アボガドとスパムのチーズグラタンに決めた。
わいはこのアボガドとスパムのチーズグラタンにスマートなぐらい目がなくて3日に10回は食べないと完璧な2ちゃんねるが壊滅するぐらい気がすまない。
幸い、アボガドとスパムのチーズグラタンの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のずきずきするような白飯と、悪名高いスイカ、残忍なクーラモンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を76分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのひりひりする香りに思わず、「お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のずきずきするような白飯を狙撃するかのように、にぎって平べったくするのだ。
スイカとクーラモンをザックリとぶるぶる震えるようなご年配の方に量子論を分かりやすく解説する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く89分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ頼りないセロトニンが過剰分泌するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらモヤシのサラダをつまんだり、黄酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だが、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。
心臓を抉るような旨さに思わず「ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。」とつぶやいてしまった。
アボガドとスパムのチーズグラタンは安部元総理に似ている浅田真央のような未来を暗示ほど手軽でおいしくていいね。

オレに近付くなッ!!力の制御が・・・ッ!!

SPAM料理 | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク