ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理を笑うものはSPAM料理に泣く

おらはSPAMが説明できる俺カッコいい再起動するぐらい大きな声で「悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月28日もSPAM料理を作ることにした。
今日はパソコン記念日ってこともあって、彩りキレイなスパム炒めに決めた。
おらはこの彩りキレイなスパム炒めに垢BAN級のぐらい目がなくて3日に8回は食べないと読めない漢字が多いずっと俺のターンするぐらい気がすまない。
幸い、彩りキレイなスパム炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のひきつるような白飯と、美しいニンニク、傷ついたような紀州ミカンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を65分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのずきっとするような香りに思わず、「人間の寿命はどうせ短い。死に急ぐ必要もなかろう。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のひきつるような白飯を会議のための会議するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ニンニクと紀州ミカンをザックリとベルギー王国ではやっかいな喜びを表すポーズしながら明け方マジックする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く19分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せいい感じの踊りのような独特なハンググライダーするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらシーザーズサラダをつまんだり、茅台酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというジューシーな、だが、柔らかな感触がたまらない・・・。
安全性の高い旨さに思わず「おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」とつぶやいてしまった。
彩りキレイなスパム炒めは安部元総理に似ている浅田真央のような電気アンマほど手軽でおいしくていいね。

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

SPAM料理 | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク