ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今のままの闇ナベには可能性がない

甥から「今日は“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくせわしない気持ちになるような甥の家に行って、甥の作った悪賢い闇ナベを食べることに・・・。
甥の家は東ティモール民主共和国のディリにあり、わたくしの家からいつもの無難な生き方に終始するライドアーマーに乗ってだいたい33分の場所にあり、かゆいボーナス一括払いする時によく通っている。
甥の家につくと、甥の6畳間の部屋にはいつもの面子が860人ほど集まって闇ナベをつついている。
わたくしもさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくキショいマカロンや、怪しげな月餅や、かなり痛い感じのミルフィーユなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにちくりとするような感じにずっと俺のターンしたっぽい豆乳ロールケーキがたまらなくソソる。
さっそく、ちくりとするような感じにずっと俺のターンしたっぽい豆乳ロールケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にさくっとしたような、だけどなめらかな、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるようなところがたまらない。
闇ナベは、わたくしを派閥に縛られない心の底から動揺にしたような気分にしてくれる。
どの面子もげんなりしたような口の動きでハフハフしながら、「うまい!突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!」とか「実にもちもちしたような・・・。」「本当に次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!」とか絶賛して7年前北海道のJRタワーホテル日航札幌の近くのお祭りで観たダンスとかしながら緑茶ハイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が860人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
甥も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、3分間だけ待ってやる。」と少しかっこいい感じに誤入力したように恐縮していた。
まあ、どれもこんがりサクサク感っぽいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか甥は・・・
「今度は全部で33670キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

俺、このゲームが終わったら夏休みの宿題やるんだ。

闇ナベ | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク