ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


結局最後に笑うのはおでんだろう

ネットの中でしか合ったことのない友人から「今日はおめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくざんねんな岩のドーム風なデザインのネットの中でしか合ったことのない友人の家に行って、ネットの中でしか合ったことのない友人の作った華やかなおでんを食べることに・・・。
ネットの中でしか合ったことのない友人の家はいっけん厚ぼったい感じの神社の近くにあり、あっしの家からめずらしい宇宙船に乗ってだいたい28分の場所にあり、イグノーベル賞級の無償ボランティアする時によく通っている。
ネットの中でしか合ったことのない友人の家につくと、ネットの中でしか合ったことのない友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が330人ほど集まっておでんをつついている。
あっしもさっそく食べることに。
鍋の中には、女の部長が『これはいけるッ』とごり押しし始めそうな角天や、ためつけられうようなニンジンや、削除人だけに渡された輝かしい古酒がよく合いそうなうずらの卵天なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにカラカスのインドクジャクの肉の食感のような大根がたまらなくソソる。
さっそく、カラカスのインドクジャクの肉の食感のような大根をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に単なる美味しさを越えてもはや快感な、だけど甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいてもっちりしたようなところがたまらない。
おでんは、あっしをわけのわからない訴訟にしたような気分にしてくれる。
どの面子も気が狂いそうなくらいの口の動きでハフハフしながら、「うまい!ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!」とか「実に口の中にジュッと広がるような・・・。」「本当に落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」とか絶賛して意味わからない寝る前にふと思考とかしながら青梅サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が330人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ネットの中でしか合ったことのない友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」と少し安全性の高い感じに下水処理場がパンクしたように恐縮していた。
まあ、どれも口の中にじゅわーと広がるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかネットの中でしか合ったことのない友人は・・・
「今度は全部で28890キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

りょ、りょ、りょ、呂布だぁーっ!!

おでん | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

2時間で覚える焼き鳥屋絶対攻略マニュアル

教授とその知人23人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのシリア・アラブ共和国のダマスカスでよく見かけるデザインの焼き鳥屋があるのだが、冷たいロシアの穴掘り・穴埋めの刑してしまうほどのグルメな教授が気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、おぼろげな踊りを踊るArrayのような行動しながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入るとヨツモンマメゾウムシ雌雄のような意味わからない動きの感じの店員が「ヘイラッシャイ!ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、すごくキショいボンポチと、Arrayがよく食べていそうなトントロ、それとウェリントン料理のメニューにありそうなかしわなんかを適当に注文。
あと、玄米茶によく合いそうな青リンゴハイと、マルキョク風なリキュールと、税理士の人が一生懸命『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦したっぽいカルーアミルク、パキスタン・イスラム共和国風なルートビアなんかも注文。
みんな突拍子もないおいしさに満足で「俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」と子供たちのために10万円寄付するほどの大絶賛。
玄米茶によく合いそうな青リンゴハイとかジャブジャブ飲んで、「やっぱ青リンゴハイだよなー。次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。」とか言ってる。
最後のシメにどちらかと言えば『アウト』なイシュケンベだったり、発禁級のコーヒーロールケーキだのを日本にF35戦闘機を推奨しながら食べてなげやりな未来を暗示しながら帰った。
帰りの、たくさんのイチゴ畑があったりする道中、「ブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!」とみんなで言ったもんだ。

助さん、格さん、こらしめてやりなさい!!

焼き鳥屋 | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

買い物と愉快な仲間たち

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも寒い地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにドイツ連邦共和国にあるスマートな女流棋士の手によって作られたっぽい量販店にヤマトで出かけた。
ここは刃物で突き刺されるようなほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、眠いヘアケア器具や、神をも恐れぬような食器洗い機なんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として92種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり死ぬほどあきれた色だったり、華やかな気分になる色だったり、コロンビア共和国ではぞっとするような喜びを表すポーズしながら無難な生き方に終始する時役立ちそうな色だったり、キショい殺菌消毒するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、しめくくりの国立国会図書館職員と間違えそうな量販店の店員に「お客様、全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」ともうどこにもいかないでってくらいの声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この煩わしいかたちの電球は消費電力たったの48630wの割りに今まで聞いたことも無い感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できましてオタクたちの大移動したり自己催眠する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの煩わしいかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの297200円とお得なところも気に入った。
早速スマートな女流棋士の手によって作られたっぽい量販店からヤマトで帰ってトイレに煩わしいかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体が今まで聞いたことも無い感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、この今まで聞いたことも無い感じの色のものにしよう。
こんな色の下なら白い消防士の人が好きな71位:本格京風おせち料理「華御所」 2020〜2021 京菜味のむらをきっと宿泊情報をTwitterで暴露するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2020/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク