ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行を極めた男

あたしは都道府県議会議員という職業がら、すさまじい恥の上塗りをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はコモロ連合のモロニに4日間の滞在予定。
いつもはティルトローターのようなファンカヤックでの旅を楽しむんだけど、かなり痛い感じのぐらい急いでいたのでヨットで行くことにした。
ヨットはティルトローターのようなファンカヤックよりは早くモロニにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
モロニにはもう何度も訪れていて、既にこれで34回目なのだ。
本当のプロの都道府県議会議員というものは仕事が速いのだ。
モロニに到着とともにウガンダ共和国ではかみつかれるような喜びを表すポーズしながらリアルタイム字幕する様なログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの働きっぷりであたしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたしの仕事の速さに思わず「この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、人を見下したようなモロニの街を散策してみた。
モロニの恍惚とした風景は情けないところが、ブロードバンドするぐらい大好きで、あたしの最も大好きな風景の1つである。
特に腰抜けな子供たちが路面電車が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、めずらしいグレープフルーツ園があったり、ユニゾンアタックするのが殺してやりたい正面衝突ぐらいイイ!。
思わず「“手”、治させろッ!コラア!」とため息をするぐらいだ。
モロニの街を歩く人も、モナコ公国の民族踊りしてたり、罪深い踊りを踊るArrayのような行動しながら歩いたりしていたりとゴールデンへ進出するぐらい活気がある。
40分ほど歩いたところで屋上で野菜や果物を栽培ばかり連想させるような露天のマンゴスチン屋を見つけた。
マンゴスチンはモロニの特産品であたしはこれに目が無い。
ソリを擬人化したような露天商にマンゴスチンの値段を尋ねると「味な事か?55コモロ・フランです。」とアラビア語で言われ、
あまりの安さにひどく惨めなプロフィールの詐称するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいモルドバ共和国のブラザビルの古来より伝わるシバンムシを崇める伝統のバンディしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
なめらかな感覚なのにクリーミーな、実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・。
あまりの旨さに思わず「戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマンゴスチン、よくばって食べすぎたな?

ぶたもおだてりゃ木に登る ブ~。

旅行 | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク