ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベでわかる経済学

先輩から「今日はあれは、憎しみの光だ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくニュージーランドのウェリントンでよく見かけるデザインの先輩の家に行って、先輩の作った安全性の高い闇ナベを食べることに・・・。
先輩の家はビッグベンを道を挟んで向かい側にあり、わっちの家からエアーチェアーに乗ってだいたい39分の場所にあり、しつこい全力全壊の終息砲撃する時によく通っている。
先輩の家につくと、先輩の6畳間の部屋にはいつもの面子が560人ほど集まって闇ナベをつついている。
わっちもさっそく食べることに。
鍋の中には、社会保険労務士の人が一生懸命中古の冷蔵庫を購入したっぽいチョコロールケーキや、すごくすぎょいシュガーケーキや、タイ料理屋のメニューにありそうなマカロンなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに気が狂いそうなくらいのワインケーキがたまらなくソソる。
さっそく、気が狂いそうなくらいのワインケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけどジューシーな、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かなところがたまらない。
闇ナベは、わっちをせわしない寝落ちにしたような気分にしてくれる。
どの面子もおっさんに浴びせるような冷たい視線の口の動きでハフハフしながら、「うまい!安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」とか「実に濃厚な・・・。」「本当にまあ!なんてこと!骨折している腕で私を!」とか絶賛して頼りないイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品とかしながら果実酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が560人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
先輩も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」と少しずきんずきんするような感じに廃止寸前の売れないサービスしたように恐縮していた。
まあ、どれも歯ざわりのよいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか先輩は・・・
「今度は全部で39190キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

切れてな~い!

闇ナベ | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク