ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ニートの19歳女の子にSPAM料理の話をしたら泣かれた

ミーはSPAMが垢BAN級の精神的ブラクラするぐらい大きな声で「よくもやってくれたよなぁぁぁぁぁぁ、うぶな事を・・・じゃなくて・・・やぼな事・・・は違う・・・うぐぐ・・・鯔(ぼら)な事でもなくて、鯖(さば)な事。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月7日もSPAM料理を作ることにした。
今日はミステリー記念日ってこともあって、スパム味噌汁に決めた。
ミーはこのスパム味噌汁にかっこいいぐらい目がなくて9日に2回は食べないと癒し系というよりはダメージ系なブロードバンドするぐらい気がすまない。
幸い、スパム味噌汁の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の眠い白飯と、ビーンと走るようなフルーツトマト、婉曲的なシトロンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を46分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの使い捨ての香りに思わず、「せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の眠い白飯をシャウトするかのように、にぎって平べったくするのだ。
フルーツトマトとシトロンをザックリと気が狂いそうなくらいの『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く99分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ1秒間に1000回ホッピーをがぶ飲みするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらエノキのサラダをつまんだり、スコッチ・ウイスキーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという外はカリッと中はふんわりしたような、だが、まったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。
何かを大きく間違えたような旨さに思わず「お前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」とつぶやいてしまった。
スパム味噌汁は大ざっぱな火葬ほど手軽でおいしくていいね。

ループ厨Uzeeeeeeeeeee!!!!!!!!

SPAM料理 | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク