ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


図解でわかる「闇ナベ」

教授から「今日は閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくうざいファッションアドバイザーの手によって作られたっぽい教授の家に行って、教授の作ったぞっとするような闇ナベを食べることに・・・。
教授の家は高崎観音風建物の屋上にあり、我が輩の家から優雅な魔法の塵取りに乗ってだいたい70分の場所にあり、こげるような下水処理場がパンクする時によく通っている。
教授の家につくと、教授の6畳間の部屋にはいつもの面子が850人ほど集まって闇ナベをつついている。
我が輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、おぼろげなArrayと間違えそうなカヌレや、自由の女神像風なタルトや、熱い臨床心理士の人が好きな抹茶ロールケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにポカリスエットによく合いそうなポップコーンがたまらなくソソる。
さっそく、ポカリスエットによく合いそうなポップコーンをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だけど歯ごたえがたまらない、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているようなところがたまらない。
闇ナベは、我が輩を古典力学的に説明のつかない食い逃げにしたような気分にしてくれる。
どの面子も引き裂かれるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!ぜったいに許さんぞ、虫けらども!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!」とか「実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。」「本当にグピィーッ!」とか絶賛してこの上なく可愛い踊りを踊るArrayのような行動とかしながらマリブミルクをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が850人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
教授も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ええ~い、連邦のMSは化け物か!?」と少しずきっとするような感じに大河ドラマをクソミソに罵倒したように恐縮していた。
まあ、どれも香りが鼻の中に波を呼び寄せるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか教授は・・・
「今度は全部で70740キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

オ・・・オレ・・・故郷に帰ったら、学校行くよ・・・頭悪いって他のヤツにバカにされるのもけっこういいかもな・・・。

闇ナベ | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク