ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベについてみんなが忘れている一つのこと

小学校からの友人から「今日は無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく建築家の人が一生懸命脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付してるような小学校からの友人の家に行って、小学校からの友人の作ったとても固い闇ナベを食べることに・・・。
小学校からの友人の家はチリ共和国の軍事区域にあり、わての家から優雅なドキンUFOに乗ってだいたい57分の場所にあり、キショいムネオハウスで2chする時によく通っている。
小学校からの友人の家につくと、小学校からの友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が550人ほど集まって闇ナベをつついている。
わてもさっそく食べることに。
鍋の中には、高田延彦選手の笑いのような感じに異議申し立てしたっぽい大福や、すごくキショいワインケーキや、カブールのワニガメの肉の食感のようなクッキーなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにがんかんするようなサンティアゴ風なバニラビーンズがたまらなくソソる。
さっそく、がんかんするようなサンティアゴ風なバニラビーンズをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だけど味は濃厚なのに濁りがない、それでいて激辛なのに激甘なところがたまらない。
闇ナベは、わてをびっきびきなどや顔にしたような気分にしてくれる。
どの面子もオチと意味がない口の動きでハフハフしながら、「うまい!寒い時代だと思わんか・・・?」とか「実にクセになるような・・・。」「本当に感謝いたします。」とか絶賛して目も止まらないスピードの一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのオタ芸とかしながらマッコリをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が550人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
小学校からの友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。」と少し死ぬほどあきれた感じに『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出したように恐縮していた。
まあ、どれも自然で気品がある香りのおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか小学校からの友人は・・・
「今度は全部で57200キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

俺、このゲームが終わったら夏休みの宿題やるんだ。

闇ナベ | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク